神戸牛リブロース
神戸牛リブロース
絶妙の風味とバランス リブロース
神戸牛リブロース

サーロインと同じ最高部位であるリブロース。背中のお肉であるロースのうち腰側のお肉で、ロース部分の主体をなす最も厚みのある部位です。きめが細かく肉質も良いので風味も良く、柔らかく甘みがあります。非常に柔らかくジューシー、そして脂分がやや多く、神戸牛の脂のとても上品な甘さを感じて頂けます。


柔らかすぎる触感と上質な脂の甘み

リブとは英語のrib(肋骨、あばら)の意味であり、ロースの内でもあばら部のお肉で、赤身とサシのバランスがよくキメ細やか。 霜降りになりやすく、その断面は見るからに美しく、鹿の子模様と言われています。 ロースの中でも最も厚みのある迫力のある部分です、すき焼き、焼肉、ステーキなど万能にお楽しみ下さい。

神戸牛リブロース

優れた肉質の為、加熱し過ぎると硬くなったり、風味を損ねてしまいます。 お好みですが、さっと火を通し、赤みが残るくらいがお勧めです。 脂も非常に上質で肉質とのバランスも非常にすぐれたお肉ですので年齢を問わず、またご家庭でもご贈答品でも非常に喜ばれます。是非この神戸牛リブロースを一度お召し上がり下さい。

神戸牛ステーキ 神戸牛しゃぶしゃぶ
神戸牛すき焼き 神戸牛焼肉
神戸牛リブロース